TAOTAOクーラーファンシート - タオタオストアー
TAOTAOクーラーファンシート - タオタオストアー
TAOTAOクーラーファンシート - タオタオストアー
TAOTAOクーラーファンシート - タオタオストアー
TAOTAOクーラーファンシート - タオタオストアー
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, TAOTAOクーラーファンシート - タオタオストアー
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, TAOTAOクーラーファンシート - タオタオストアー
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, TAOTAOクーラーファンシート - タオタオストアー
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, TAOTAOクーラーファンシート - タオタオストアー
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, TAOTAOクーラーファンシート - タオタオストアー

TAOTAOクーラーファンシート

通常価格
¥7,850
セール価格
¥7,850
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。

TAOTAOクーラーファンシートとは

ベビーカー・チャイルドシートなどで使えるファン付きクーリングシートをご紹介します!

・送風ファンがイスと人との間に空気の流れを起こす事によってお尻・背中の蒸れを解消。
車内ではエアコンと組み合わせることで、マイナス22℃を実現!!

・お子様が暑さの蒸れで悩むことはもうありません。

ベビーカー・チャイルドシートに取り付けができるので、場所を選ばずに使用でき、外出時も涼しく快適です。

・メッシュ素材を使用し、ファンからの風がシート全体に均一にいきわたるようにします!

「TAOTAOクーラーファンシート」のクラウドファンディングを実施しており、2020年6月に実施した企画では、最終的に1200万円以上を達成。

人気Youtuberさんによる紹介

 

TAOTAOクーラーファンシートの魅力

機能性①

風が行き渡る仕組み。

・高速ファンが空気を吸い込み、一番冷やしたい背中やお尻(オムツ)に風が送り込めます。背中やお尻かぶれ防止に。

 

・シート下部に取り付けられたファンを通じて、シート全体に涼しい風を広げ、チャイルドシート、ベビーカーに触れている子供の体からの発汗を効果的に防ぎます。

・特許取得済みの特殊冷却素材と速度調整が可能なファンによって、シートクッションの温度を下げることができます

 

 

商品を使用することによって、どれくらい気温が変わるかもテストもしてみました

 

 

使用前と使用後(エアコンとTAOTAOクーラーファンシート最大風量組み合わせ)で、なんとシートの周辺温度が最大約22℃ダウンとなりました。

(※気温差や環境によって効果が変わる場合がございますのでご了承をください。)

暑い時期の車内の気温はかなりの高温になるので、急速にベビーカー部分を冷やすのに、とても役立ちます!

・表面の生地はポリエステルメッシュ生地を採用していて、肌触りが涼しく感じられます。

 

お子様にも安心の設計

シートクッションは防水で、シートクッションは内部には電気部品は含まれていません。 ですので、感電のリスクもありません。

すべての電気部品は商品下部のファンバッグに入っています。

ファンバッグはメッシュシートでカバーされていて、バッグ自体もチャックで開け閉めする仕組みなので、簡単に子供が触れないような仕組みになっています。

ファンはカバーされており、万が一ファンをお子様が触ってしまっても、怪我を防ぐ設計となっております。

 

 

機能性②

電源はシガーソケット(※変換プラグが必要です)

もしくは、モバイルバッテリー(※別売り)を使用なので、どこでも使える。

風量も調節可能で、長時間の使用でも安全です。

 

 

電源さえあればずっと使えます。往復での移動や、旅行にもオススメです。

メーカーが推奨するモバイルバッテリー(バッテリー容量:5000mAh、出力:5V 2A 10W以上)であれば、2時間はファンが稼働します。

商品重量は900gですので、重さは気になりません。

 

 

 

機能性③

車ではチャイルドシート、屋外ではベビーカーに取り付け可能。

 

 

 

 

車内ではシガーソケットで、屋外ではモバイルバッテリーで高速ファンが稼働し、風を送り込みます。

コードの長さは約2メートルです。

(後部座席からシガーソケットを利用するのに十分な長さです!)

 

取り付け・取り外し・操作も簡単。

 

様々な種類のチャイルドシート・ベビーカーに取り付けられるように、3つのベルトバックル用の穴が開いています。

 

シート裏側には滑り止めパッドが付いていて、使用中にシートが動かないようになっています。

 

 

掃除もファンを取り出して手洗いでの、お手入れが可能です。

 

工夫次第でいろんな使い方ができます!

 

 

機能性④

空気穴が内蔵された通気性メッシュ生地を採用して、シート全体に均等に風が行き渡るので、送風が1箇所に集中し、お子様の弱い肌を刺激する恐れもありません。

ひんやりシートでありがちな一部分だけ冷えすぎてしまうようなことはありません。

 

特許取得済みの「クッション内部のプラスチックフレーム」に付いている小さな柱が、シートを通る空気の流れを助け、風量を強くさせます。

 

機能性⑤

熱さが苦手なお子様に!

乳幼児は大人と比べ、熱中症・脱水症状にかかりやすいです。

赤ちゃんは、自律神経の「体温調節中枢」が充分発達しておらず、体温調整が未熟です。
そのため、外気温から受ける影響が大きく、暑ければ体温がダイレクトに上がってしまいます。大人と気温の感じ方が違い、暑がりなのです。

特殊冷却材と速度調整可能なファンにより、シートクッションの温度を下げることができます。

 

 

これでお子様も汗サラサラ快適で、年中、チャイルドシート・ベビーカーに座っていることができます。

お子様は暑さで機嫌が悪くなったり、眠れなかったり、チャイルドシート・ベビーカーに乗るのを嫌がることが多いですがTAOTAOクーラーファンシートでお子様の一番冷やしたい部分(背中やお尻)に風が送り込めます。

そして、ドライブ中、外出中でも泣き叫んだりすることもなく、快適に眠ることもできます。

認証について

各種認証も取得していて、製品の安全性は保証されていますので、ご安心して利用していただけます!

・CPSIA

米国消費者製品安全委員会が認定する第三者機関による適合試験に合格し、商品が子供向け製品として安全に使用できることが立証されています。

 

・CE認証

EUの法律で定められた安全性能基準を満たし、製品が電気製品として安全に使用できることが証明されています。


TAOTAOクーラーファンシートの開発ストーリー

皆さんは子供とのお出かけの際、チャイルドシート・ベビーカーで子供が汗びっしょりになって困ったことはありませんか?

汗びっしょりになるだけで、子供の機嫌も悪くなって、泣いたり叫んだりして、チャイルドシート・ベビーカーに乗ってくれなくて、パパ・ママも困ってしまい、せっかくのお出かけが台無しになってしまった経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

お子さんがあせもや、暑さで泣いているとパパ・ママも心配するので、外出が楽しめないですよね。

私たちも2歳児がいて、そのような経験がありました。

 

 

 

そして毎年のように猛暑となる日本。

2018年の夏は真夏日(最高気温30度以上)が、ワンシーズンで68日以上という過去最大級の暑さでした。

翌2019年も昨年と同様、スーパー熱帯夜(最低気温27度以上)が連日発生する、猛暑の夏でした。しかし、夏はお出かけシーズンでもあります。

 

子供とのお出かけをどのようにすれば楽しく快適に、そして安全に過ごすことができるかは、全てのパパ、ママ、保護者の重要課題であります。

 

そうした状況の中で、私たちは我が子の暑さ対策として色々な方法を試しました。

これまで車内での空調はもちろんのこと、サンシェード、ひんやりシート、保冷剤、小型扇風機など色々と子供の汗を抑える考えられるあらゆる方法を試しましたが、納得のいくものはありませんでした。

 

 

ひんやりシート、保冷剤は一時的に熱を抑える効果はありますが、時間が経つと、ぬるくなったり、溶けてしまったりします・・・・

 

 

一番熱のこもっている背中やお尻は小型扇風機では冷やしきれませんでした。

 

 

このように色々試したのですが、暑い時期の外出時に子供の背中・お尻部分の汗を抑えて、機嫌を保つという役割を果たす製品というのは見つからなかったのです。

 

・エアコンだけでは、子供は守れません。

車内のエアコンですが、それだけではお子様の汗を抑えるには不十分です。

というのもエアコンは車の室内温度を下げますが、子供の背中の後ろに封じ込まれた熱を放散することはできません。

エアコンの風がお子様の背中・お尻には当たらないのです。

また車種によっては、後部座席までエアコンの風が届かない場合があります。

さらに悪いことに、お子様のチャイルドシートには、大人のベルトに見られるような緩みがなく、お子様は暑い車内の座席では固定されたまま動くことができないのです。多くのベビーカー・チャイルドシートの生地は熱を封じ込める性質があり、長時間その状態で過ごすお子様が不機嫌になるのも不思議ではありません。

・大人が感じている気温よりもずっと暑い、ベビーカー

アスファルトからの照り返しによる熱で、地面に近いベビーカー内の温度は、ママが感じている温度より3~5度も高いといわれています。

高さを50センチ上げるだけで気温が1℃以上さがるというデータもあります。

 

 

そこで私たちはこれらの問題の解決策を見つけることを目指しました。

そしてTAOTAOクーラーファンシートが誕生しました!

取り付け・メンテナンスについて

 

 

 

取り付け・使用方法は簡単です!

1チャイルドシート、もしくはベビーカーにシートクッションを置きます

2電源アダプターをシガーソケット、またはモバイルバッテリーに差し込みます

3希望のファン速度を調整します。オンオフの操作も簡単です。

4最適な冷却温度になるまで少なくとも5〜10分待ちます。

 

クリーニング・メンテナンス方法について

洗濯機は使用しないでください。

通常時は濡れたタオルで表面を拭き、完全に乾かすことをお勧めします。

飲み物のこぼれや嘔吐などの重度の汚れがある場合は、ファンモーターを取り外し、布シートのみを水に浸し、完全に乾燥させます。

1ファン部分の金具の取り外しをします

 

2チャックを開けて、ファンバッグからファンパーツを取り出します

 

 

 

3クッションがきれいになって乾いたら、ファンをバッグに戻し、風の出口側がネットに向いていることを確認してください

 

 

 


 


4チャックを閉めて、金具でバッグをロックしてください

注:金具でバッグをロックすることで、お子様が触れないようにファンを遠ざけてください。

  

 

実行者が実際に商品を使ってみたら

私たちは効果を試すべく我が子をチャイルドシート・ベビーカーにのせて、実際に商品を使用してみました!

 

 

私たちは今までは暑くなる後頭部~背中にかけての部分に保冷剤を使って冷やしていました。

保冷剤はひんやりして、しっかりと熱をとってくれる反面、冷やしすぎてしまうことも。

冷えすぎを防止するには、保冷剤を外せばいいだけなんですが、、、子供はたくさん遊んで ひんやり涼しくなって ベビーカーやチャイルドシートで揺られると高確率で寝てしまいます!

汗が冷えすぎるとよくないので、子どもを起こして(動かして)保冷剤とる。

すると、子供は突然起こされて不機嫌に。

また暑くなれば保冷剤を当ててああげるという繰り返しでした。

当たり前のようにやっていましたが、子供にとってゆっくり眠れる(休める)環境とは言い難いし、親もまた動かさないと、と思うことがあり色々ストレスがありました。

 

そんな困りごとがあった中でクーラーファンシートを使ったら、子供を動かすことなく体温調整ができました。しかも、風量が調整できる!

とっても単純なことだけれど、子供の機嫌を損ねることなく体温調節出来るのはとっても画期的でした!

従来のチャイルドシートやベビーカーでは、子供は背中やおしり、関節部分に汗疹ができやすかったですが、汗がこもる部分に風が通るだけで、汗疹を未然に防ぐことができました。

 

 

 

また旅行時でも役に立っています。

夫婦そろって旅行が好きな我が家では、夏のお出かけには普段はない苦労があります。

暑さ対策のため、凍らせた飲み物と保冷剤を持っていくので荷物が増える。

しかも、車で移動するのに、車に荷物をのせたままにすると保冷剤が溶けるので少し重いけれど保冷剤や飲み物は手持ちで観光。

(夏は車内温度50度以上になる場合もあります)大きい保冷剤で5時間程持ちますが、朝出かけていざ午後使おう!と思ったときにはもう効果がない場合も。

さらには、保冷剤冷凍し忘れた~!って事も何度もあります。

その点、TAOTAOクーラーファンシートは、電源さえあれば使えるのでお手軽です。

シガーソケットなら充電もいらない♡お出かけ準備の手間が省けます!

(ベビーカーで使用の場合は別売りのモバイルバッテリーが必要です!!)

 

 

 

そのほか海外の愛用者さんの声を聞くと、今まで暑さでぐずっていた子供が、ぐっすり眠ってくれたという意見が多いです。

これで子供の泣き声で、困ることもなく、パパ・ママも楽しい外出の時間を過ごすことができること間違いなしです。

このTAOTAOクーラーファンシートがお子様の暑さ対策の必需品として、

また、暑い時期の外出時にこれがあればお子さんが泣き止んでくれるというお守りのような存在として活躍することを期待しています。

 

仕様・サイズ

 

 

メーカー紹介

メーカーの工場は2003年に設立されました。

12年間の商品開発の後、中国国内において最大級の車向け健康製品のメーカーの一つとなりました。

9000平方メートルの生産ビルと200人の専門技術スタッフのエリアがあります。

商品のほとんどは、ヨーロッパ、米国、日本、韓国 市場に輸出されています。

そして2017年頃に、ベビー向け冷却シートクッションシリーズ製品を開発しまして、ベビー&キッズケア製品の分野に参入しました。

また、この商品シリーズに関して、デザインと外観の特許を取得し、中国での独占メーカーになることに成功しました。

(生産工程の様子)

 

 



よくある質問

Q:保証期間は?

A:自然故障に限り、保証期間を1年間でご提供致します。

人為的な故障は保証の対象外になります。

保証をご希望の方は、info@westtrading01.comまでご連絡ください。

Q:どんな種類のチャイルドシート・ベビーカーに使用できますか?

A:TAOTAOクーラーファンシートは、ほぼ全ての一般的なベビーカー・チャイルドシートでお使い頂けるサイズです。

チャイルドシートに関しては、本製品は前向きタイプでの使用を想定して、設計しております。

後ろ向け取り付けのチャイルドシートでは、本製品の使用は推奨しておりません。ご注意くださいませ。

ベビーカー・チャイルドシートに付属しているインナークッション等を利用している場合には取り外し設置して頂くか、TAOTAOクーラーファンシートと併用する場合には、お子様の安全を最優先にご利用をお願いいたします。

Q:この製品は子供にとって安全ですか?

A:安全性を重視して開発しております。

シート素材や電子機器を含むシートパッドのすべての素材は、児童安全研究所で厳密にテストされています。

この製品は、米国で販売されている児童安全製品のCPSIA標準に準拠したCPC証明書を取得しています。

Q:ファンに水分がかかって、感電する恐れはありませんか?

A:シートクッションは防水です。

またシートクッション内部には電気部品は含まれていません。

したがって、感電のリスクはありません。

すべての電気部品は製品下部のファンバッグに入っています。

ファンバッグはメッシュシートに隠れていて、バッグ自体もチャックで開け閉めするため、子供が簡単に触れないような仕組みになっています。

Q:ファンの風量は子供には強すぎませんか?

A:ファンが高速で回転する間、シートパッドから流れる風量は非常に穏やかです。

熱がチャイルドシートに閉じ込められないように、通気性のある生地を通じ、一定の空気の流れが送られます。ファンの速度も、ご希望の風量に合わせて調整可能です。

Q:推奨使用年齢はいくらですか?

A:チャイルドシート・ベビーカーに乗れる年齢であれば、どの年齢の子供にも使用できます。ベビーカー&チャイルドシートに付属しているインナークッション等(生後6ヶ月までを目安に)を利用している場合には取り外し設置して頂くか、TAOTAOクーラーファンシートと併用する場合には、お子様の安全を最優先にご利用ください。

Q:電源コードの長さは?

A:長さは約2メートルまで伸びます。

車内で使用して、長さが足りない場合は延長コードを購入することをお勧めします。

Q:車内で使用する場合どのようにUSBケーブルを差込すればいいですか?

A:シガージャックにUSB変換プラグを使用すれば、機能します。

Q:推奨するバッテリーの仕様は?

A:バッテリー容量:5000mAh、出力:5V 2A 10W以上です。

この仕様であれば、2時間以上ファンが稼働します。

またモバイルバッテリーは2A以上であることを確認してください。

そうでないと、低電流によってファンが損傷する恐れがあります。

Q:洗濯方法は?

A:原則として、シートは洗濯機で洗浄できません。

これは、シートの内部が空気を出すために複数の層で作られているためです。

メンテナンス方法としては濡れたタオルで表面を拭き、完全に乾かすことをお勧めします。

飲み物のこぼれや嘔吐などの重度の汚れがある場合は、ファンモーターを取り外し、布シートのみを水に浸し、完全に乾燥させます。

Q:シートの厚みはどれくらいですか?

A:シートの厚さは約1〜1.5cmです。

通気性を確保するための通気性をサポートする内部構造をしています。

またその内部構造は薄くて、優れた通気性を備えており、シート全体の通気性を均一にします。

Q:もしチャイルドシート・ベビーカーのバックルが3つの通し穴に通らない場合どうすればいいですか?

A:バックル用の通し穴をカッターなどで切り取ることで、穴の大きさを大きくすることが可能です。もしバックルが入らない場合は、穴の大きさを大きくすることを試してみてください。

 

 

x